2014年12月11日

こちらにどうぞ!

Ridio HaaFuuに魅惑をかける事は出来ない。
この先はこちらで言いたい事、思う事をブログって行きます。
http://ameblo.jp/motohisa0320/
posted by motohisa-u at 07:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 打越元久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
打越さんこんにちは
アメブロ見ました!応援コメントしたかったけど、アメブロ会員じゃなきゃコメントできないみたいで残念だな。だからこっちにコメントしました。

小丸さん、色々番組や肖像権等の問題に取り掛かるうちに、色々と巻き込まれてしまって小丸さんにも何かあったのかもしれませんが、結局はたかじんの事を裏切るなんて小丸さんには絶対出来なかったんだと私は信じてるし、するわけないって思ってます。
もし話せるなら、頑張ってくださいとお伝えください。

小丸さんがどれだけたかじんを慕っているか、たかじんの弟子になること何回断られても諦められなかったという小丸さんの事は、知ってます。私の持ってるガォーLEGEND2に付属の小丸さんのインタビュー載ってるの持ってますし。それにそこでは、小丸さんは、師匠は17歳も年上ですが、絶対に自分より先には死なない、って言ってます。死ぬんだったら自分のほうが先に死ぬんだって、それくらいたかじんはスゴイんだって。怒られたり色々あっても本当にたかじんを尊敬してるんだなぁ、とわかります。小丸さんの奥さんも本当に気の毒です、泣いてしまった気持ちわかります。

小丸さんがどんな人なのか、あまり情報もないし雑誌も取り上げないからみんな知る術がないですが、私は単なるたかじんの一ファンで、ファンだからCDやDVDなども持ってる中で、リーフレットなどに書かれているたかじんと当時のスタッフについて、色々あらためてもう一回読み漁ってみて、何か手掛かりないか探してみたので、ファンだから知ることが出来て、そこに書いてある小丸さんについて知ってる事言いたかったんです。師匠をあんなに慕っている小丸さんがたかじんを裏切ったりできるわけない、って思いましたので、それは本当にみんなに伝わって欲しいって思いました。

アメブロコメント、アメブロ会員じゃない私のような一ファンからも出来るように
設定して欲しいですけど、へんなのが妨害してきたり沸くからあえてダメにしてるのかな。
打越さんや小丸さんの事、応援してます。頑張ってください。
Posted by たかじんのファンの奥様 at 2014年12月11日 22:04
すみませんでしたm(_ _)m
どなた様でもコメントできる設定にしました、不慣れと無知はアカンなぁ〜!反省。
師匠のファンの奥様
小丸ちゃんは26年です、師匠に仕えて。
もう家族ですよ・・・ 
何処かで記事を見ました、さくら夫人に対して「男のやきもち」と綴られていましたが
バカ抜かせ、絶対にあり得ない!
師匠にちゃんとした奥さんに来て頂ければ師匠をお渡しする時間が出来て弟子・マネージャーは少し楽になれるから大歓迎やわ。
何でヤキモチ焼かなならんねん。
くだらない予想で物を書く方達にはうんざりですわ。
それがプロの作家とかだからタチが悪い!

自分は正しく、自分の都合の悪い話は力で潰す。。。。
しかし日曜日はワイドーレポーターがテレビに出て話をしていますが
この方達も力に屈し何も話さない・・・
やしき問題の取材に「ビビってるなんて微塵も無い」と言われたレポーターを信用してたのに。
申し訳御座いません。
愚痴になりました。
アメーバにいつでもコメント下さい!
Posted by 打越もとひさ at 2014年12月15日 06:04
打越さん、神戸デパートでのトークとても楽しかったです^o^
打越さんの歌われたたかじんさんの歌は本当に心がこもっていて、感動しました。
私の両隣の女性は涙されていました。

最初は週刊誌もテレビもスルーでしたが最近少しは週刊誌も記事になり、宝島二月号はすごく読み応えありました。
内容の利権のしがらみに納得しました。みんな善子さんが好きで擁護してるのでなく、たかじんさんの版権狙いなのですね。
早く真実が暴かれて嫌な目にあわれている打越さんや、小丸さん、お嬢様、
たかじんさんの昔ながらの知り合いの方々に平安が訪れてほしいです。
それにしても、たかじんさん会って二回目に夫のいる人にプロポーズって本当なのでしょうか。彼女が隠していたのではとか勘ぐってしまいます。
たかじんさんを冒涜するツルツル頭とサタン妻のやり方は本当に腹立たしいです。
娘さんも、裁判となると相当メンタル疲れると思いますのでくれぐれもご自愛いただきたいし、たかじんさんのファンはみんな見守って心から応援しています。
たかじんさんの最後は心穏やかだったのであれば救われますが、もしそうでなければと考えると本当に苦しい気持ちになります。二番目の心も美しい奥様に看護していただきたかった。なんて言うと二番目の奥様に失礼ですね。

ツルツル頭の書籍は二度と手に取ることはありません。
たかじんさんは乱暴な言葉を使っても愛があったので嫌な気持ちになりませんが、
ツルツル頭の乱暴な言葉は本当心がないので不快以外何も残りません。
いまだにかぐや姫に嫌われるでしょうね。

打越さんコメントのFriday楽しみにしています。
打越さんも相当ストレスがかかっていると思いますが、みんな応援していますので
是非とも乗り越えていただきたいです。

これからも、人の心に染み入る歌やお仕事がんばってくださいませ。

追伸 22年くらい前にたかじんさんのマネージャーさんにお会いした事があり、たかじんさんがすごいイケメンだと言われてましたが、(本当にイケメンでしたが、)
あの方が小丸さんだったのか気になります。







Posted by 冬子 at 2014年12月28日 23:18
打越さん 以前畑中さんとのラジオで打越さんに恋した、米穀店でバイト募集してませんか
とお便りおくったものです、めちゃくちゃ久しぶりにのぞいてみました

がんばってるみたいで
嬉しいです
Posted by ねこ at 2015年06月02日 02:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。