2014年11月20日

面目ないm(_ _)m

力が抜けて行く・・・殉愛という殉愛でもない本を見て余りにも腹が立ち
抗議文をネット上にTwitter上に書いてます。
筆跡鑑定に漕ぎ着けなければと。。。。
こんな応援文も届いた
「実は筆跡を偽造されて財産を奪われた事があり、それに関連した内容のメールをしました。
ここで詳しくは書きませんが参考にして頂ければと思います。」
参考にさせて頂きます、有り難う御座います。

Twitter上でイワンのバカ様が筆跡の検証を展開して下さってる。
ほんま感謝の言葉以外無い!
一つづつ固めていこう!
H氏のTwitterはクズやね、、、、こんな奴に悩まされてるやと(- -)
恥ずかしい。
posted by motohisa-u at 07:06| Comment(17) | TrackBack(0) | 打越元久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
打越師匠こんにちは。
そうでしたか。
なんだかんだと言いながらも、事の推移を見守っております。
しかし、H氏の発言の数々はなんなんでしょうか。
いいか悪いかは別にしても、
何でもかんでも思いのままに発言するってのはどうなんでしょうね。
言えば言う程、批判される負のスパイラルに入っているんだと思うんですけど・・・。
その発言を目にして気分が悪くなります。

こんな世の中です、どこのだれかが警察以上の捜査力で
いろいろと嫁さんのウソを暴いて行ってるようです。
ほんま、ビックリする事ばかりです。
(しかし、こんな世の中はいやですね。個人情報なんてありゃしない!)
しかし、TVは殉愛の感動話をPRするだけで
ネットで騒がれてることは一切触れませんよね。
TVのワイドショーがこぞって群がりそうなネタなのに突っ込まないところに
闇が見えます。

ウソはいづれ剥がれ落ちるでしょう。
その日まで頑張ってください。
Posted by なんかわかる気がする at 2014年11月20日 11:10
たかじんさんは京都にも大阪にも友人・知人が沢山いたのにTVや本で嫁に有利な証言しているのは京都の方ばかりですね。特に30年来の友人と称するM氏のたかじん娘への証言。友人としての愛情が感じられず凄く違和感あるのですが…。(通販餃子のyoutube観ても友人という感じしないですね。)
Posted by 再会〜after five years〜が好き at 2014年11月20日 11:34
打越さま

お疲れ様です。ただの一般人ですが、
事態の推移が気になり、見守ったり、何だりしています。

打越様たちの勇気、ネットでの捜査?等により、
風穴があいて、少し胸がすっとしました。
イワンのばか様のおかげで、筆跡が明らかに違うことが
よりわかりやすくなりましたが、
信憑性をより高めるために、プロの筆跡鑑定士に依頼されるのは
いかがでしょうか。
身元が確かな打越さまが呼びかければ、カンパも集まると思います。
色々ご事情もあると思いますので、
可能でしたら、ご検討をお願い致しますm(__)m
影ながら応援しております。
Posted by お疲れ様です。 at 2014年11月21日 12:39
はじめまして。
たかじんさんについては大ファンと言う程ではなかったですが、破天荒な生き様を貫こうとしながらも、どこか孤独に対する不安を抱えているようなギャップを感じさせるキャラが好きで番組は観ていました。

ブログやSNSなど今や一般人でも参加したらプライバシーを自ら漏らしていると自覚するのが普通だと私は思います。
それが嫌なら一切、参加しない事ですよね。

世間の騒動で真実が1つずつ暴かれて行くなら便利な世の中だとも思います。
ブログを削除しても、かなり長期間、キャッシュは残りますから。

私は一般人で生前のたかじんさんとは勿論、面識もなく部外者なんですが
真実と違う!と確証を持った人達がたくさん、おられて真実に向けて
立ち上がろうとなさっているなら
あの世で正気に戻った、たかじんさんが本当に大切なものに気づいて
真実を知っている皆さんに助けを求めているんじゃないかとも感じます。

私も陰ながら応援しています。

Posted by 椿 at 2014年11月21日 22:37
はじめまして。
たかじんさんの事大好きです。
今回の騒動でこれまでたかじんさんが築いてきたものが、一瞬で崩れ落ちたような、、、すごくすごく切ない気持ちがこみ上げてきてます。
腹立たしい気持ちでいる人は多いと思います。
故人への冒涜!やめてほしい、、、。
亡くなった事を親族へ伝える事もしていないなんて、普通の人間のできることではない。
こんな事を美談と称して本にした作家、、、お金のためなのでしょうか?
若い女が涙ながらに語る姿を見て、男の性に支配され書いた物としか思えないようなくだらない本なのでは?
人それぞれに生活があり、人生がある。
一人を美談に仕上げるために、その他の人間の人生を悪行と嘘ぶくほど卑劣なやり方は許せる事ではない!

こちらのページに来たのは、余りにもこの件に関して触れている有名人がいない事が不思議で不思議で。
堂々と発言しているあなたはすごいです。

あなたの発言は故人の名誉と人柄を知っているからこそ人の心を動かす言霊となっているのだと思います。
私は心を動かされ今こうして書き込みしています。

応援しています。

Posted by jun at 2014年11月22日 01:01
大人気ないm(__)m

直接文句言ってみたら?

世論を味方に付けないと
発信出来ないとは…
Posted by 通りすがり at 2014年11月22日 04:42
はじめまして打越さん。
FM時代に楽しませて戴いていました。
楽しかった時間を思い出します。

今回このような形で まさかメールをさせて戴く日がくるとは…。

11月30日のライブチケットは
もう完売でしょうか?
まだ間に合うようなら今からでも
チケットを購入したいのですが
購入方法とライブ場所をお知らせくださいましたら幸いです。
娘さんとKさんのいわれなき汚名がそそがれます事を心から願っています。

お体ご自愛くださいますように。
Posted by ペコ at 2014年11月22日 06:08
もともと、さくらたる人間は、いらなかった。
もっとたかじんさんらしい死にざまがあった。
なんでこうなるの。
全部金やん。
たかじん死んでから出版された本すべて読んだわ。金儲けしかないやん。
Posted by 心ない人間はしね。 at 2014年11月22日 08:05
Posted by 尼のおばちゃん at 2014年11月22日 11:37
投稿に失敗しました。ごめんなさい。
あたしはたかじんさんのこと、好きでした。
私の母はもっとたかじんさんを好きでした。
昔はコンサートにもよく行ってました。
年齢かける100で金額を決めてた頃かなぁ。
そのたかじんさんが亡くなって、疑惑の花嫁の話しが取り沙汰されて、どうなんやろ?と思っていました。
でも、追悼番組で遙洋子さんが奥さんに会って「彼女はそんな世間が言うような人やない!」と発言しはったのを聞いて信じてました。
遙洋子さんを好きなわけではなかったけれど、彼女とたかじんさんの間柄を信じたんです。
金スマ見ました。
百田尚樹氏は、あたしにとって探偵ナイトスクープの本書きの人という印象でしかなかった。
その裏方さんがいつの間にか大作家さんになって全国ネットで言いたい放題。
あたしも母も大の本好きで探偵ナイトスクープの大ファン。
ほんなら、一丁読んでみるかと永遠の0を買いました。
母は数ページ読んで、「なんかちゃう!」と言い、読むのをやめてしまいました。
あたしはその本を開く気になれませんでした。
そして、金スマを見て、殉愛。
どちらにしろこれは買わねばと思いました。
幻冬社さんが儲かる、さくらさんが儲かる。
そうかもしれんけど、読まなあかんと思いました。
さきほど、出版差し止めになる前にと某ネット通販で注文しました。
母と話しました。
本の話しが、うそでもほんまでもええねん。
実の娘さんが怒ったはってもええねん。
さくらさんが、3回目の結婚でもなんでもええねん。
死ぬその瞬間まで、たかじんさん自身が幸せやと思えていられたんならそれでええんやと思うんです。
さくらさんに騙されてたとしてもたかじんさんが彼女といられてよかったと思って亡くなられたんなら周囲の方はお辛いでしょうが、あたしはそれでよかったと思いたいんです。
百田尚樹氏についてはまた別の話しですが。
Posted by at 2014年11月22日 11:52
21日に投稿させて頂いた者です。
ここまで騒動になるには不審に思っている人が大半だからじゃないでしょうか?
それと凄く用意周到されていると言うか巨大な黒い影の存在を感じます。
1人の人間が直接、物申しても相手にもされず逆に名誉毀損で訴えられますよね。

今回の件、多くの皆さんが推測してるとおりだったら、その後も二番煎じで実行する不届き者が居るかも知れない。

遥洋子さんについて。彼女はきっと正義感強く、そして自分が思いがけず、たかじんさんに心配して貰っていた事に感激し
出版された「殉愛」や、さくらさんについても擁護したんじゃないかと思いました。

言うなれば彼女の気質を見抜いていて彼女が起こす行動はシナリオどおり・・・利用されたに過ぎないとも感じました。
遥洋子さんには失礼ながら想定されていたキャストだったようにも感じます。

さくらさんのブログについても随所に削除されている記事もありますが
今時、ブログそのものを削除してもキャッシュが残って拾える事ぐらい
関係者には想定内だったようにも感じます。

問題が起これば必ず賛否両論に分かれるのが世論なので
それも仕方がないと思いますが良い方向へ行く事を願っています。
Posted by 椿 at 2014年11月22日 19:11
参考になったようでなによりです。新しい情報が出てきたり、イタリア夫がいる重婚疑惑女の味方がコメントしたり、日々状況が変わってますが
、この件に関して事実を知った人達の殆どが娘さんの味方です。
重婚疑惑女に荷担→人間失格発見器になってる印象です。
日本の中年女性は介護看病を経験している人が多いです。あんなファンタジー介護をテレビで放送して世論を騙せると思ったとは(笑)

筆跡偽造だけではなく婚姻まで疑われてますね
※週刊ポスト2013年4月26日号
http://news.mynavi.jp/news/2013/04/15/014/
この記事を読んでますます疑う気持ちが増しました。

一刻も早くすべての真実が公になることを願ってます。
Posted by ino at 2014年11月22日 20:10
「殉愛」に登場する「U」は打越さんではなかったようですね。たかじんさんの2番目の奥様と思われるコメントより。
13. 教祖サマ!
こちらこそ、またよろしくお願いします。ちなみに小◯さんの就職斡旋にはS社のUさんがお手伝いされたと伺っています。このUさんも、本では目の敵にされ、本当にお気の毒です。しかも、無責任極まるネットの書き込みでは全くの別人の元お弟子さんが実名でUさん、とされているわけで不思議です。どうして間違われている方も、ボクではないですよっておっしゃらないんでしょうね?

拝師 2014-11-21 08:42:45
Posted by 再会〜after five years〜が好き at 2014年11月24日 11:03
微力ながら、こちらでできることをしてます
あの池面イタリアンに今日本で何が起こってるか、
写真つきで事のあらましと本について解説を送ってやりました。
もちろん彼はお金で買収されてる可能性が強く黙ってるように
契約でも結んでると思うので、何も言いませんが、じわじわ
ゆさぶりをかけて、どう説明されて離婚に応じたのか
(本当にイタリアでも離婚が成立してたとして)調べたいとおもいます。
まだひそかにつながってる可能性も捨てきれないですよね。意味があるかどうかはわかりませんが。捏造・不正ハンターとしては見逃せないケースなので。
Posted by はる at 2014年11月26日 13:37
はじめまして。こんばんは。
ラジオで話されていた『白い車』とか『たまご』の書き込みを、
リアルタイムで見ていた者です。
あの時、何だかとても怖くて、早く知らせなきゃ!と思い、
大阪住みの自分は車を走らせようとしてしまいました(^_^;)
ご無事でヨカッタです…
メッチャ、心配していました。
----------------------------
一連の掲示板を見ていても、色んな人がいますね。
でも、大半の方が疑惑を持って、この問題を追いかけている様に感じます。
若い時からずっとたかじんさんを見てきた大阪人の自分は、
絶対許さない!と思っています。
大きな事はできないけれど、小さな事からコツコツと…
情報を広げていこうと思います。

不穏な日々が続いていると思いますが、
警察にも頼りつつ、安全にすすめていってください。
お願いします。
Posted by osaka lover at 2014年11月28日 00:59
はじめまして、こんばんは
私はずっとたかじんのファンの“可愛い奥様”です。
今の状況とても悲しいです。
打越さんの事は、この殉愛騒動について情報収集してる時に
YouTubeのラジオの怒りの放送を聞かせて頂き知りました。
少し控えめにされてるようですが、少しずつでもいいから声をあげていって欲しいです。
私は一個人だけど、何かしてあげたい、何かできることないかな、と考えたりして
でも大した事が何も思いつかなくて、奥様の会でも、私は大した事が何も出来ない
ほうなので、頑張ってるけど悲しくなったりします。
非力ですが奥様の会をこのまま終わらせないように、頑張るくらいしか。

打越さんでも、Kさんでも、それこそ匿名でも偽名でも、ゴーストライター使ってでも、
暴露本が出たらいいのに、
著名なジャーナリストの方、井上公造さんとか、
暴露本など出して欲しいです。それには宣伝のためPR料もいるかもしれないけど、
売上から払うとして、善意で全面協力してくれるところとか、そんな夢みたいな事
あるわけないですかね?・・
私ならぜひ買いたいし、大人買いしたいくらいです。
そのくらいしか思いつかない素人考えですが、すみません。
ラジオ聞き続けますので、番組でも奥様についてちょこっと触れてくださいね。
この携帯日記もできたら・・
黙ってるよりは、殉愛とは無関係な日常のたわいもない話でも、週一でもいいから
書いていかれるほうが良いのではないでしょうか。
あらたな日記に、みんなの新たな書き込みも増えると思いますし、
私たちのパワーになりますので、火を消さないように私たちにどうか
何でもいいから燃料を投下し続けて下さい。

また何かあったら書きに来ますね。



Posted by 奥様 at 2014年11月30日 20:35
打越様へ

この訴訟を参考にしてください。
百田一派が偽造のメモを“本物”と言っても通用してしまう危険が有ります。

・知らないと損をする筆跡鑑定の話 第20話
【一澤帆布遺言書事件判決の意義】

http://www.kanteininkyokai.jp/magazine/magazine_20.html

一澤帆布遺言書事件と言えば覚えておいでの方も多いと思いますが、
この件でもおかしな遺言が判定で通ってしまい、
銀行屋の長男に一度会社が乗っ取られてしまいました。

頑張ってください。
応援しております。
Posted by 99 at 2014年12月01日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。