2014年04月28日

大阪、堺の「かん袋」へ行ってきました。

かん袋は鎌倉時代末期に和泉屋徳兵衛さんが、和泉屋という商号でお餅司の店を開いたのが始まりです。安土桃山時代に豊臣秀吉が大阪城を築城し、その際に堺の商人へ多額の寄付を要求しました。1593年の春中ごろ、桃山御殿が完成したのを機会に、秀吉は寄付金の礼として堺の商人納屋衆を招きました。その時、天守閣は瓦を葺く工事中でした。暑い日盛りの下で、蟻がえさを運ぶように職人が一枚一枚瓦を運び上げていました。この様子を見た和泉屋徳兵衛さんは、容易に片付かないと思い毎日奉仕に出ました。餅作りで鍛えた腕力を使い、瓦を取っては次から次へと屋根の上に放り投げました。瓦は春風に煽られて、紙袋がひらひらと舞い散るように屋根に上がりました。そこに居合わせた人々は度肝を抜かれました。これを見た秀吉が「かん袋が散るように似ている」とその腕の強さを称えました。秀吉は「以後かん袋と名付けよ」と命じ、それより「かん袋」が和泉屋さんの商号になりました。

posted by motohisa-u at 01:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 打越元久 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
堺まで来られてたのですね!

くるみ餅、美味しいですよね。

Posted by ひろし at 2014年05月02日 15:47
何とも歴史を感じられる食べ物でした。
かき氷の入ったくるみ餅が・・・まぁ〜美味かったです!
しかし、ちょっと高くないですか?
帰り道に畑中家にお裾分けを持って行くことが出来た良き一日でした!
Posted by 打越もとひさ at 2014年05月07日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395718005

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。