2011年02月27日

NHKスペシャル

満州事変以降、新聞は「国益」…当時としては論理的な正当性があったと京大准教授談…のために、
或いは、煽ることによる売上増のためにか、新聞は強硬論を展開、国民も引きずられていった…そうな。

まるで9.11テロ後のアメリカと同じ。

感情は論理を凌駕する。満州でも日本陸軍軍人が中国人に惨殺され、それを新聞が煽り…てな流れやったそうな。

さらにラジオが加わり熱狂を作っていった…とNHK。

えっ?そのラジオてNHKのことよね…近衛内閣から「挙国一致報道」の指示あり…ラジオは国家の意志を運ぶbyナチス…

当時、日本放送協会は国家の管理下にあった…だから逆らえなかった…日本放送協会はナチスのラジオの使い方を研究したそうな…
posted by motohisa-u at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 畑中ふう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188093460

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。